一般歯科

「歯が痛い」「歯がしみる」といった症状がある場合には、虫歯の可能性があります。虫歯は自覚症状が乏しく見過ごされやすい病気ですので、少しでも歯に違和感があったら早めにご来院ください。

虫歯治療で歯を削ってしまうと、二度と元には戻りません。そのため京都府向日市の歯科医院「かなたにデンタルクリニック」では、患者様の大切な歯をできる限り残すことを心がけ、歯を削るのを最小限にとどめる虫歯治療を行っています。

口腔内の環境を整えましょう

食事をすると歯の表面に有機皮膜という膜ができ、その膜に細菌がくっつくことでプラークというかたまりができます。形成後24時間経過すると毒素を出し、虫歯や歯周病の原因となるため、24時間以内にこのプラークを除去しなければなりません。定期的にプラークコントロールをおこない、虫歯菌などの増殖を抑えることが大切です。

ここではお家でおこなうホームケアと歯医者でおこなうオフィスケアについてご紹介します。

ホームケア

ご家庭でできるホームケアについてご紹介します。ご家庭では毎日の歯ブラシをおこない、それと合わせて以下のケアをおこなう必要があります。

タンデックスソロ 歯ブラシでは磨くことがでいない歯の面の横を磨くことができます。そのため、フロスをして初めて歯ブラシをしたということになります。
デンタルフロス 歯ブラシでは磨くことができない歯の横面を磨くための歯ブラシです。必ず歯ブラシ、タンデックスソロと併せてご使用ください。
オフィスケア

食事をおこなうと歯の表面に有機皮膜が形成されます。この有機皮膜はご家庭でおこなうプラークコントロールで除去することは不可能です。歯科医院で行うPMTC(歯のクリーニング)をおこなうことで除去することができます。3ヶ月に1度程度、定期的に歯科医院へ通うことで虫歯を予防することができます。

「治療」から「予防」へ

「治療が終わったらもう大丈夫」と思っていませんか? 治療で歯を健康な状態に戻すことよりも、再発しないように健康な状態に保つことのほうがはるかに大切です。治療の終わりは予防のスタートです。治療後もご自宅での適切なブラッシングと歯科医院での定期的なメンテナンスで、口腔内を健康に保ちましょう。

>>予防歯科を詳しく見る

歯周病治療

日本人の歯を失う原因の第一位は、「歯周病」です。成人の約8割が歯周病にかかっている、もしくは予備軍と言われており、実は大変身近な病気なのです。

歯周病も虫歯同様、自覚症状が乏しい病気です。以下のような症状があれば、すでに症状が進行している可能性がありますので、早めにご相談ください。

歯周病のリスクをチェックしましょう

ひとつでも当てはまるものがあれば、歯周病の可能性があります。早めの受診をおすすめします。

歯周病の治療法

以下は、当院で行っている歯周病治療です。症状の進行状況に応じて最適な治療を行います。

軽度の虫歯
スケーリング

スケーリング

普段のブラッシングでは取り除けない歯垢や歯石を、「スケーラー」という専用器具を使って除去します。

中度の虫歯
ルートプレーニング

ルートプレーニング

スケーリングでは除去できない、歯周ポケットの奥深くにある歯垢や歯石を「キュレット」という専用器具で取り除きます。最後に汚れの再付着を防ぐため、歯の表面をなめらかに研磨して仕上げます。

重度の虫歯
歯周ポケットそうは術

歯周ポケットそうは術

歯周ポケット内の歯垢や歯石、炎症が起こっている歯周組織を除去する外科的処置です。局所麻酔を使用して行います。

  • 予防歯科
治療が必要になる前に定期的に歯科医院を受診しましょう。
  • 根管治療について
神経まで冒された重度の虫歯に行う治療です。抜歯せずに歯を残すことができます。
  • 診療予約はこちらからお電話にて受け付けております。075-935-3158 受付時間 9:00~19:00  (土曜日 9:00~13:00)